トップ > レーシック > 視力回復手術のいろいろな手術方法

視力回復手術のいろいろな手術方法

レーシックはかなり知名度も上がり、視力回復手術といえばレーシックの事だと思っている人もいるようですが、他にもいろいろな方法があります。

 

視力回復手術を受ける前に適応検査を受け、最も適した方法、受ける患者によって一番良い方法の説明を医師から受けられます。

一番知られているレーシックは、マイクロケラトームを使用して行われる視力回復方法です。

同じ治療法で、マイクロケラトームではなく高性能のイントラレーザーを使用し治療をする方法を、イントラレーシックと呼び、最近ではこちらのほうが一般的になってきました。

スポーツ選手や角膜の薄い人には、エピレーシックやPRKと呼ばれる視力回復手術が向いています。

 

今まで矯正不可能だとされていた不正乱視も、個人の角膜に合わせて治療が行われるウェーブフロントレーシックと呼ばれる視力回復手術なら治療可能です。

視力回復手術にはいろいろな方法があり費用もそれによって変わりますが、医師が勧める視力回復手術が一番その人に合った方法です。

 

レーシックが日本で行われるようになった頃は技術も今ほど進んでおらず、その人の症状や眼の状況によっては、視力回復を望んでも手術が受けられない場合も今より多くありました。

視力回復を望む人全てが治療可能になるまで、レーシックの技術は今後も進み続けるでしょう。

この記事のカテゴリーは「レーシック」です。
関連記事

レーシックによる視力回復の利点

レーシックによる視力回復手術を受けると、裸眼で生活する事ができるようになり、メガ...

視力回復手術と給付金

レーシックなどの視力回復手術は、高額であるため施術を受けるかどうか迷う人も多くい...

視力回復手術の口コミ情報サイト

視力回復手術を行う病院を選ぶ時は、あなたはどうしてますか。 今はインターネットを...

視力回復手術の検査とカウンセリング

視力回復手術と言われれば、あなたは何を思い浮かべます。 多くの人が初めに思い浮...

視力回復手術に伴う危険

レーシックだからといって、妄信してはいけません。 レーシックでの視力回復手術は...