トップ > レーシック手術を受ける > 視力回復手術 適応検査の注意点

視力回復手術 適応検査の注意点

視力回復手術を行う前には、数時間にわたる適応検査をして、レーシックがその人に可能かどうか確認します。

 

一般的に行われる視力検査の他に、眼圧測定、角膜内皮細胞、角膜の形状や厚さの測定、瞳孔を開いて眼底部の診察、瞳孔径の測定、涙の量の測定などを行います。

驚いたですか、その検査の豊富なことに。

しかし視力回復手術の検査には見慣れない機器やなじみのない検査も多く、緊張する人もいますが、痛みを感じるような検査はないので心配はいりません。

 

レーシックは、たいせつな眼の手術なので、時間をかけて詳しく適応検査をする必要があります。

ですから検査の所要時間は3-4時間はかかり、患者がたくさん来院する土日などは、もっと長くクリニックにいることになると考えられます。

適応検査の中には瞳孔を開いて行うものもあるので、検査後に光が眩しく感じることもあります。

適応検査のためにクリニックに行く時は、公共の交通機関やタクシー、あるいは誰かの運転する車で来院する事をおすすめします。

 

また普段コンタクトレンズを使用している人の場合は、視力回復手術の適応検査中に、医師からはずすよう指示される事がありますので、それには従いましょう。

メガネを普段使用している人の場合はとうぜんメガネを持参するようにしましょう。

それから重要なことで、現在、かかっている病気、使用している点眼薬や内服薬がある場合は、医師に伝える必要があります。

万一の副作用などが考えられますから。

 

視力回復手術のための検査が終わったら、その後に医師とカウンセリングを行います。

視力回復手術について、不安に思う事、疑問点などがあればこの時に聞けますので、質問したい事をまとめておいて遠慮なく納得いくまで話すようにしましょう。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術を受ける」です。
関連記事

視力回復手術の注意点

視力回復手術を受けるにあたり、注意する事が何点かあります。  レーシックを受ける...

視力回復手術の麻酔

視力回復手術の麻酔は点眼麻酔を使用します。 点眼麻酔は痛みはほとんど感じませんが...

視力回復手術でよくある質問

視力回復手術について最も多い質問は、 ・手術する時に痛みはあるのか ・失明の可能...

視力回復手術に使用する機器

視力回復手術で使われる機器は、厚生労働省認可の安全が確認されているものが使われて...

視力回復手術をどこで受けるか

レーシックなどの視力回復手術は、エキシマレーザーと呼ばれる厚生労働省が認可した、...