トップ > レーシック手術の後 > 視力回復後の症状

視力回復後の症状

レーシックは比較的安全な視力回復手術ではあります。

 

しかし、絶対に術後のトラブルがないというわけではありませんから、まずレーシックを受ける前のカウンセリングで医師から説明がありますので、その説明をよく理解しておきましょう。

 

レーシックの術後に起こるトラブルで最も多いのは、ドライアイです。

ドライアイは知ってますか?

ドライアイは涙の分泌量の不足や涙の質の異常のせいでおこる、眼がゴロゴロする、渇く、痛むなどの症状です。

ドライアイを防ぐために視力回復手術後に医師から処方される点眼薬を、フラップが定着するまで(普通は3ケ月間程度)は、医師の指示通り忘れずに使用しましょう。

これを忘れて、あわてて病院に駆け込んでもそんですよ。

 

視力回復手術後のトラブルはドライアイの他には、ハローグレア現象と呼ばれるものがあります。

ハローグレア現象とは、明るい物を見た時に周りにぼやけた光の輪が見えてしまったり、非常にまぶしく感じるという症状です。

夜間に車やバイクの運転をする人は、車などのライトがにじんで見えたり、急に眼に入ってきた光が眩しくて運転に支障を来す場合もありますから、特に注意が必要です。

ただしハローグレア現象は、視力回復手術後数ヶ月経てば、治るとも言われていますが、おかしいなと思ったら、すぐに医師に連絡を取りましょう。。

 

レーシックの術後にドライアイやハローグレア現象は術後の点眼薬などを使っていても、誰にでも起きる可能性があります。

ですから視力回復手術後の定期検診は、医師の指示通りに必ず受けましょう。

だいたい3ヶ月検診の頃には症状も軽減され、気にならない程度になることが多いようですが、もし長引く場合や症状がひどい場合は、医師に相談しましょう。

この時も遠慮するとあとで後悔することになります。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術の後」です。
関連記事

視力回復の再手術補償

レーシックによる視力回復手術を受けた後、1回の治療で思っていた視力にならない人や...

視力回復手術後のリスク

視力回復手術後に起こりうる症状としては、ドライアイやハローグレア現象がよく知られ...

視力回復手術後に守るべき事

レーシックなどの視力回復手術を受けると、すぐに視力が良くなり、日常生活を快適に送...

視力回復手術の体験談

視力回復手術であるレーシックを受けた人に、結果に満足したかどうかを聞くと、満足し...

視力回復手術後の生活で注意すること

レーシックが痛みもほとんどなく短時間で終わる手術なので、視力回復手術後も手術を受...