トップ > レーシック手術の後 > 視力回復手術後の生活で注意する事

視力回復手術後の生活で注意する事

レーシックなどの視力回復方法が普及し、施術によって視力を取り戻す人が増えてきました。

 

視力回復手術で視力をとりもどして、メガネやコンタクトレンズを使うわずらわしさから解放され、快適な生活を手に入れたのだから、再び眼が悪くならないように生活の中で注意する事は何でしょうか?

 

視力回復手術後に注意すべき事は、普通、眼を大切にする時に注意することと同じです。

パソコンやテレビゲームなどを長時間行うなど眼を酷使することや、暗い部屋でT.Vを見たり、パソコンやテレビゲームをしたり、本を読んだりするのもよくありません。

 

視力回復後は、眼に良いと言われているものを食生活に取り入れるのも良い方法です。

ブルーベリーやプルーンなどに含まれるアントシアニンはよく知られています。

さらに、眼の健康維持にはビタミンA、眼精疲労にはビタミンB1、眼の乾燥や充血にはビタミンB2、眼の疲れにはビタミンB6やビタミンB12が効果があるといわれています。

また、タコやイカに多く含まれるタウリンは、視力低下を防ぐ働きがあると言われているので、積極的に食事にとりいれましょう。

 

視力回復効果を維持するのに効果があると思われる、上記のような食品の栄養素を、サプリメントで摂取する方法もあります。

過剰な摂取をしないように気をつければ、手軽に眼に良い栄養素を取り入れることができます。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術の後」です。
関連記事

視力回復の再手術補償

レーシックによる視力回復手術を受けた後、1回の治療で思っていた視力にならない人や...

視力回復手術後のリスク

視力回復手術後に起こりうる症状としては、ドライアイやハローグレア現象がよく知られ...

視力回復手術後に守るべき事

レーシックなどの視力回復手術を受けると、すぐに視力が良くなり、日常生活を快適に送...

視力回復手術の体験談

視力回復手術であるレーシックを受けた人に、結果に満足したかどうかを聞くと、満足し...

視力回復手術後の生活で注意すること

レーシックが痛みもほとんどなく短時間で終わる手術なので、視力回復手術後も手術を受...