トップ > レーシック手術の後 > 視力回復手術後の定期検診

視力回復手術後の定期検診

レーシックの視力回復手術を受けた翌日に、視力検査やフラップの状態の確認などの検査をします。

 

多くの人は、視力回復手術前より格段に回復した視力を実感できるでしょう。

 

視力回復手術の翌日の検査で何も問題がなければ、1週間後、1ヶ月、3ヶ月後に定期検診を受ける事になります。

視力回復手術後、視力が安定するには1年ほどかかるといわれ、1ケ月検診、3ヶ月検診の時には、視力が変化したり、視力が出にくかったりする場合もありますが、それほど心配する必要はないようです。

 

視力回復手術を受けてすぐの翌日や1週間後の検査を受けに来ない人はまずいないようですが、1ケ月後、3ケ月後の検査になると来ない人もいます。

仕事などの忙しさもあって「何も症状がないから大丈夫だろう。」と、検査に行かない人がいるようです。

しかし、簡単な手術だとはいっても、大切な目の手術を受けたのですから、自己判断はしないで、問題がおきていないか、医師にきちんと検査してもらう必要があります。

 

視力回復手術後の検査は、施術を行っているほとんどのクリニックで無料で受けられます。

視力回復手術の直後には何の問題がなくても、1年2年たってから問題が起きる事もあるので、手術後何年間の検査が無料なのかも調べておきましょう。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術の後」です。
関連記事

視力回復の再手術補償

レーシックによる視力回復手術を受けた後、1回の治療で思っていた視力にならない人や...

視力回復手術後のリスク

視力回復手術後に起こりうる症状としては、ドライアイやハローグレア現象がよく知られ...

視力回復手術後に守るべき事

レーシックなどの視力回復手術を受けると、すぐに視力が良くなり、日常生活を快適に送...

視力回復手術の体験談

視力回復手術であるレーシックを受けた人に、結果に満足したかどうかを聞くと、満足し...

視力回復手術後の生活で注意すること

レーシックが痛みもほとんどなく短時間で終わる手術なので、視力回復手術後も手術を受...