トップ > レーシック手術を受ける > 視力回復手術の手順

視力回復手術の手順

レーシックの視力回復手術は思ったより、ずっと簡単です。レーシックでの視力回復手術を行う時は、まず点眼薬で麻酔を行います。

 

点眼による麻酔なので、注射による麻酔のような恐怖感も痛みもありません。

レーシックの手術中も痛みを感じることもないので、リラックスして手術を受けましょう。ねっ、わかるでしょう。

 

それから点眼薬による麻酔がすんだら、手術台へ移動して視力回復手術の始まりです。

レーシックの手術中は、医師から赤く点滅している光を見るように指示されますので従いましょう。

そうしたら、レーシックの手術中は、眼の部分だけが空いたシートがかぶせられます。

そして、眼を大きく開けた状態で固定する開瞼器という機器を装着されます。

 

眼を何回か洗浄液で洗浄されてきれいにした後、フラップを作成します。

このフラップを作成するのがレーシックで一番大事なのですが、この時に視界が暗くなり、眼を押されるような感覚があります。

そのため不安に思う人もいるかもしれませんが、これはレーシックでの正しい手順なので心配はなく、治療が終わると元に戻ります。

 

次にレーザー機器を使って視力矯正を行い、フラップを元に戻したら視力回復手術は終了です。

レーザー治療による視力矯正は、なんと数十秒しか、かかりません。驚くほど早いでしょう。

 

レーシックの手術中は、麻酔をしているので痛みはほとんどなく、眼の周りを抑えられる圧迫感を感じる程度です。

レーシックの手術は、開始から終了まで15分から20分程度です。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術を受ける」です。
関連記事

視力回復手術の注意点

視力回復手術を受けるにあたり、注意する事が何点かあります。  レーシックを受ける...

視力回復手術の麻酔

視力回復手術の麻酔は点眼麻酔を使用します。 点眼麻酔は痛みはほとんど感じませんが...

視力回復手術でよくある質問

視力回復手術について最も多い質問は、 ・手術する時に痛みはあるのか ・失明の可能...

視力回復手術に使用する機器

視力回復手術で使われる機器は、厚生労働省認可の安全が確認されているものが使われて...

視力回復手術をどこで受けるか

レーシックなどの視力回復手術は、エキシマレーザーと呼ばれる厚生労働省が認可した、...