トップ > レーシック手術を受ける > 視力回復手術前後の注意点

視力回復手術前後の注意点

レーシックは安全な手術だから気軽に受けていいという人もいますが、それは間違いです。

 

レーシックでも視力回復手術を安全に受ける為に、手術をむかえるまでと当日の注意点があります。

それはデリケートな目を手術するのですから、とうぜんです。

視力回復手術後の感染症や後遺症をふせぐためにも、必ず守るようにしましょう。

 

不便で残念ですがコンタクトレンズを使用している人は、視力回復手術を行うに当たり医師から使用を制限するように指示されますので、必ず守りましょう。

私もそれを聞いて、ちょっとレーシックだって面倒だって思います。

でも生活するのに不便を感じるからといって、医師の指示を守らず普段通り使用を続けると、レーシックなどの視力回復手術を当日になって受けられなくなる場合もあります。

 

それと医師に抗菌点眼薬が処方されます。

この抗菌点眼薬も大事で、感染症の予防ためには、手術当日まで必ず指示通りに行いましょう。

それを守らないで、レーシックだからっといって、感染症が出たらかえって何倍も面倒です。

 

視力回復手術の2日前からは角膜に傷が付いてはいけないので、アイメイクは控えるようにします。

視力回復手術の当日には化粧はしないでおきましょう。

 

視力回復手術後は、万が一アレルギーが起きるといけないので、すぐに化粧品を変えるのを止めておきましょう。使い慣れた化粧品を使いましょう。

 

それから言うまでもないことですが視力回復手術直後は、視力が安定せず、人によっては見えにくい場合もあるので、自分の運転で来院するのはやめましょう。

できるだけ誰かに付き添ってもらって、来院するのが望ましいでしょう。

 

それと気がつかないかも知れないけれど、レーシックの服装も注意しましょう。

視力回復手術後は、眼に毛糸や繊維が入る可能性のある服を着ないのはもちろんのこと、脱ぐときに顔をこする怖れのあるTシャツやセーター、トレーナーなどのかぶり物も避けましょう。

視力回復手術を受ける時に服を脱ぐ必要はありませんが、手術後に自宅で着替えることはするでしょう。

その時に危険ですから、着るものも事前に考えておきましょう。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術を受ける」です。
関連記事

視力回復手術の注意点

視力回復手術を受けるにあたり、注意する事が何点かあります。  レーシックを受ける...

視力回復手術の麻酔

視力回復手術の麻酔は点眼麻酔を使用します。 点眼麻酔は痛みはほとんど感じませんが...

視力回復手術でよくある質問

視力回復手術について最も多い質問は、 ・手術する時に痛みはあるのか ・失明の可能...

視力回復手術に使用する機器

視力回復手術で使われる機器は、厚生労働省認可の安全が確認されているものが使われて...

視力回復手術をどこで受けるか

レーシックなどの視力回復手術は、エキシマレーザーと呼ばれる厚生労働省が認可した、...

視力回復の再手術補償

レーシックによる視力回復手術を受けた後、1回の治療で思っていた視力にならない人や...

視力回復手術後のリスク

視力回復手術後に起こりうる症状としては、ドライアイやハローグレア現象がよく知られ...

視力回復手術後に守るべき事

レーシックなどの視力回復手術を受けると、すぐに視力が良くなり、日常生活を快適に送...

視力回復手術の体験談

視力回復手術であるレーシックを受けた人に、結果に満足したかどうかを聞くと、満足し...

視力回復手術後の生活で注意すること

レーシックが痛みもほとんどなく短時間で終わる手術なので、視力回復手術後も手術を受...