トップ > 老眼 > 老眼のための視力回復手術

老眼のための視力回復手術

老眼もレーシックの恩恵を被ることが可能になったのはご存知ですか?

 

視力回復手術では老眼は治療できないとか、視力回復手術を受けることによって老眼の進行が早くなるという間違った話があるようです。

レーシックなどの視力回復手術で老眼の進行を止めることはできませんが、早めることもないようです。

そうではなくてレーシックは、現在の状態を改善するのです。

 

老眼は今まで、老眼鏡で矯正するしかありませんでした。

ですから、視力回復手術で老眼は治らないと諦めている人も多くいますが、最近では老眼を治療するためのレーシックもできるようになりました。

それは老眼の症状の特徴は近くのものが見えにくいということですから、それを解消するために角膜のカーブを変える伝導性角膜形成術という手術ができるようになりました。

 

老眼を治療するための視力回復手術にはCK、モノビジョンレーシック、老眼矯正レーシックなどがあります。

モノビジョンレーシックというのは、一般のレーシックと同じ手法で行われますが、片目で遠くを見えるようにし、もう片目は近くを見えるように手術します。

そうする事で、老眼の近くのものが見えにくいという不便さを解消し、裸眼で生活できるようにするわけです。

コロンブスの卵みたいなうまいアイデアで老眼が治せるのですね。

 

CKは医療で進んでいるアメリカで開発された最先端の老眼治療法で、安全性が高いと言われています。

 

残念ながら老眼が年齢とともに進行していくのを止めることはできません。

しかしそれでも老眼が進行して不便な生活を、視力回復手術を受ける事で快適な生活にする事ができます。

これもレーシックの優れた点ですね。老眼の人も諦めずにレーシックを考えてはいかがえしょう。

この記事のカテゴリーは「老眼」です。
関連記事

老眼のための視力回復手術

老眼もレーシックの恩恵を被ることが可能になったのはご存知ですか?  視力回復手...