トップ > レーシック > 視力回復手術に伴う危険

視力回復手術に伴う危険

レーシックだからといって、妄信してはいけません。

 

レーシックでの視力回復手術は、比較的には安全で失明の危険はまずないと言われていますが、手術での危険が全くないというわけではありません。

 

レーシックなどの視力回復手術は、実は手術をする医師だけでなく、コンピューター制御の機器を使って行われるのです。

ですから、安全性のとても高い手術ですが、危険性が0だとはいいきれません。

 

例えばきわめて稀ですが、レーシックの視力回復手術によって、角膜拡張症が発生したり、眼圧が上昇して緑内障の原因になったりする危険があります。

これは手術ミスというより、避けられない稀な可能性です。

また視力回復手術中や手術後の衛生管理が悪いと感染症になる危険性があります。

これは、手術する人達が注意してできるだけ防ぐのですが、それでも人間が注意しても、細菌は時に入り込んでくるのです。

 

これは手術のミスではないかと思いますが、視力回復手術の際、角膜を削りすぎると、遠視や、物が二重に見えるようになったり、長期に渡るドライアイを発祥したりする危険性があります。

また角膜を削りすぎたために、視力回復効果が充分に出ないという危険もあります。

 

レーシックでの視力回復手術は、日本では行われるようになってからまだそれほど長くありません。

ですから視力回復手術を行ってから50年後の安全性や副作用については、まだはっきりした事がわかっておらず、危険性があるかもしれないと言う医師もいます。

 

視力回復手術は医師の技術も進み、コンピューター制御で行われることもあり、危険性は非常に少ないですが、残念ながら絶対にないとは言い切れません。

ですから視力回復手術を受けるなら、そういった危険があるという事も理解した上で手術を受けましょう。

そして技術が優れているよい病院やクリニックを選ぶことも大事だと思います。

この記事のカテゴリーは「レーシック」です。
関連記事

レーシックによる視力回復の利点

レーシックによる視力回復手術を受けると、裸眼で生活する事ができるようになり、メガ...

視力回復手術と給付金

レーシックなどの視力回復手術は、高額であるため施術を受けるかどうか迷う人も多くい...

視力回復手術の口コミ情報サイト

視力回復手術を行う病院を選ぶ時は、あなたはどうしてますか。 今はインターネットを...

視力回復手術の検査とカウンセリング

視力回復手術と言われれば、あなたは何を思い浮かべます。 多くの人が初めに思い浮...

視力回復手術に伴う危険

レーシックだからといって、妄信してはいけません。 レーシックでの視力回復手術は...