トップ > レーシック手術を受ける > レーシックでの視力回復手術

レーシックでの視力回復手術

レーシックという言葉は聞いたことがあると思います。

 

最近レーシックは視力回復手術の中で最も知名度が高くて、中には、視力回復手術といえばそれは必ずレーシックの事だと思っている人もいるほどです。

しかし実は視力回復手術にはレーシック以外にもいろいろな種類があり、レーシック手術にもいろいろな方法があります。

今日は、レーシック手術の方法について話させてもらいます。

 

レーシックによる視力を回復させる方法は、まずフラップと呼ばれるフタをメスで作成して開けて、そこで角膜にエキシマレーザーを照射して角膜の屈折力を矯正し、視力の回復を行い、フラップを閉じるという方法です。

 

これまでの視力回復手術と較べるとより危険性も少なく、しかも乱視や遠視などにも対応でき、また視力の回復も効果が高いという特徴があります。

レーシックは、医療でも最先端をいくアメリカではごく一般的に行われてきた視力回復方法ですが、それが日本でも広く浸透し、さらに進化を遂げています。

 

ただしレーシックでも弱点はあります。強度の近視や、角膜の厚さが足りずフラップを作成出来ない人の場合は、基本的なレーシックでの視力回復手術は受けることが出来ないこともあります。

 

以前はレーシックによる視力回復方法には高額な費用がかかりましたが、幸い最近では基本的なレーシック手術なら、かなり受けやすい金額になりました。

また以前は治療不可能だった老眼にも対応できるような方法も登場しましたし、他にも角膜が比較的薄い人にも対応できるような方法など、レーシックでの新しい様々な視力回復手術が生み出され、レーシックの可能性は広がっています。

 

きっとあなたもレーシックで視力を取り戻して、明るい生活を送りましょう。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術を受ける」です。
関連記事

視力回復手術の注意点

視力回復手術を受けるにあたり、注意する事が何点かあります。  レーシックを受ける...

視力回復手術の麻酔

視力回復手術の麻酔は点眼麻酔を使用します。 点眼麻酔は痛みはほとんど感じませんが...

視力回復手術でよくある質問

視力回復手術について最も多い質問は、 ・手術する時に痛みはあるのか ・失明の可能...

視力回復手術に使用する機器

視力回復手術で使われる機器は、厚生労働省認可の安全が確認されているものが使われて...

視力回復手術をどこで受けるか

レーシックなどの視力回復手術は、エキシマレーザーと呼ばれる厚生労働省が認可した、...