トップ > レーシック手術を受ける > 視力回復手術の適応検査

視力回復手術の適応検査

視力回復手術を行う前には、様々な適応検査を行います。

 

一般的に行われる視力検査の他に、屈折率や眼圧、角膜の形状や厚さなどを調べる検査も行います。

視力回復手術の検査には見慣れない機器やなじみのない検査も多く、緊張する人もいますが、痛みを感じるような検査はないので心配はいりません。

視力回復手術の適応検査では、視力、眼圧、角膜の状態を調べ、レーシックをうけられるかどうかの判断をします。

 

他覚屈折度検査、角膜曲率半径測定査は一般的に行われる視力検査よりも詳しく正確な視力を測るための検査です。

目に光をあて屈折異常を調べたり、角膜の湾曲度や、近視、乱視の度数などを測定します。

 

眼圧検査は眼に空気をあてて測定します。あまりに眼圧が高い時は緑内障のおそれがあります。

 

視力回復手術が可能か否かを左右する、角膜の厚さはパキメーターと呼ばれる機器で測ります。角膜に充分な厚みがなければ、レーシックは不可能です。

 

角膜の湾曲や表面の形は、低出力のレーザーを照射して検査し、コンピューターで解析します。

角膜や水晶体に異常が無いかは、細隙灯顕微鏡(細隙灯という強い光源のついた顕微鏡)で、強い光を当てながら拡大して確認します。

 

その他にも、視力回復手術後のグレア現象にも影響がある瞳孔径の測定や、点眼薬で瞳孔を開いて眼の奧の病気の有無を調べる眼底検査も行います。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術を受ける」です。
関連記事

視力回復手術の注意点

視力回復手術を受けるにあたり、注意する事が何点かあります。  レーシックを受ける...

視力回復手術の麻酔

視力回復手術の麻酔は点眼麻酔を使用します。 点眼麻酔は痛みはほとんど感じませんが...

視力回復手術でよくある質問

視力回復手術について最も多い質問は、 ・手術する時に痛みはあるのか ・失明の可能...

視力回復手術に使用する機器

視力回復手術で使われる機器は、厚生労働省認可の安全が確認されているものが使われて...

視力回復手術をどこで受けるか

レーシックなどの視力回復手術は、エキシマレーザーと呼ばれる厚生労働省が認可した、...