トップ > レーシック手術を受ける > 視力回復手術の注意点

視力回復手術の注意点

視力回復手術を受けるにあたり、注意する事が何点かあります。

 

レーシックを受ける事がきまったら、眼科医から点眼薬を処方されます。

視力回復手術の何日か前から続けて点眼しなければならないのですが、これを忘れてしまう人がいます。

 

視力回復手術を安全に受けるために、必ず医師の指示に従いましょう。

レーシックを受けた後は、曇りの日でも眩しく感じられ、眼を普通に開けているのも困難な場合があるので、自分の運転で来院するのは止めておきましょう。

公共の交通機関やタクシーを利用するか、家族などに送迎を頼むことをおすすめします。

 

視力回復手術の後、当日は入浴できません。

レーシックを受ける日の朝か前日に入浴しておきましょう。

清潔にしておくためだけでなく、リラックス効果もあります。

また、視力回復手術のために、前日はタバコやお酒は控えて充分な睡眠をとるなどして体調を整えましょう。

視力回復手術は眼の手術ですので、女性はノーメイクで病院に行きましょう。

 

視力回復手術は安全で痛みもほとんどない、と聞いてはいても、いざ手術室に入ると緊張してしまいます。

視力の回復した自分を想像して、できるだけリラックスして、視力回復手術を受けましょう。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術を受ける」です。
関連記事

視力回復手術の注意点

視力回復手術を受けるにあたり、注意する事が何点かあります。  レーシックを受ける...

視力回復手術の麻酔

視力回復手術の麻酔は点眼麻酔を使用します。 点眼麻酔は痛みはほとんど感じませんが...

視力回復手術でよくある質問

視力回復手術について最も多い質問は、 ・手術する時に痛みはあるのか ・失明の可能...

視力回復手術に使用する機器

視力回復手術で使われる機器は、厚生労働省認可の安全が確認されているものが使われて...

視力回復手術をどこで受けるか

レーシックなどの視力回復手術は、エキシマレーザーと呼ばれる厚生労働省が認可した、...