トップ > レーシック手術を受ける > 視力回復手術の麻酔

視力回復手術の麻酔

視力回復手術の麻酔は点眼麻酔を使用します。

 

点眼麻酔は痛みはほとんど感じませんが意識があるので、施術中、何をされているのかわかります。

点眼麻酔をしていても、眼にいろいろな機器が入ってくるので、けっこう恐怖感を感じる人がいます。

 

視力回復手術で使用される点眼麻酔は眼球に注射をして麻酔をするのではなく、目薬と同じく点眼して行う麻酔で、安全に行えます。

点眼麻酔の効果は1時間ほど持続するため、視力回復手術前に点眼麻酔を行えば、手術中には殆ど痛みを感じません。

 

視力回復手術中は痛みを感じることはありませんが、施術中の様子がわかります。

手術中は眼を開けた状態で固定され、赤い光を見ているよう指示されます。

治療風景が見えてしまうので、緊張する人も少なくありません。

 

レーシックの手術はメスが眼に入るという事もなく、手術自体が15分程度で終了するので、それほど怖がる必要はありません。

昔、メスが眼に入るのがわかるという噂があったようですが、レーシックはレーザーで治療を行うので、そんな事はありえません。

 

視力回復手術を実際に受けた人は、検査やカウンセリングに時間がかかったけど、手術自体はあっという間に終わってしまった、という感想を持つ人が多いようです。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術を受ける」です。
関連記事

視力回復手術の注意点

視力回復手術を受けるにあたり、注意する事が何点かあります。  レーシックを受ける...

視力回復手術の麻酔

視力回復手術の麻酔は点眼麻酔を使用します。 点眼麻酔は痛みはほとんど感じませんが...

視力回復手術でよくある質問

視力回復手術について最も多い質問は、 ・手術する時に痛みはあるのか ・失明の可能...

視力回復手術に使用する機器

視力回復手術で使われる機器は、厚生労働省認可の安全が確認されているものが使われて...

視力回復手術をどこで受けるか

レーシックなどの視力回復手術は、エキシマレーザーと呼ばれる厚生労働省が認可した、...