トップ > レーシック手術の後 > 視力回復の再手術補償

視力回復の再手術補償

レーシックによる視力回復手術を受けた後、1回の治療で思っていた視力にならない人や、再び視力が下がってしまう人もいます。

 

視力回復手術を行っている多くのクリニックでは、一定期間内であれば再手術が無料で受けられる場合があります。

 

角膜を削り、フラップを作成するレーシックでの視力回復は、角膜の厚さが充分に残っていないと再手術はできません。

レーシックを行った後に、充分な視力にならなくても、最低でも3ヶ月経たないと視力が安定しないため、再手術はそれ以降になります。

また、角膜の厚さが足りない人は、再手術が受けられない時は、現段階ではメガネやコンタクトレンズで視力を矯正するしかなく、医師とよく相談して決める必要があります。

 

レーシックの視力回復手術を受けて、いったんは視力が回復しても、再び視力が低下したり、レーシックの施術後に近視が残ってしまって視力が思うように出ない人もいます。

多くのクリニックでは、視力回復手術後一定期間中なら、無料で再手術が受けられます。

無料再手術は、視力回復手術後1年から3年間である場合が多く、その期間が過ぎると有料になってしまいます。

手術を受けるクリニックを決める時は、再手術の補償が何年付いているかも確認しましょう。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術の後」です。
関連記事

視力回復の再手術補償

レーシックによる視力回復手術を受けた後、1回の治療で思っていた視力にならない人や...

視力回復手術後のリスク

視力回復手術後に起こりうる症状としては、ドライアイやハローグレア現象がよく知られ...

視力回復手術後に守るべき事

レーシックなどの視力回復手術を受けると、すぐに視力が良くなり、日常生活を快適に送...

視力回復手術の体験談

視力回復手術であるレーシックを受けた人に、結果に満足したかどうかを聞くと、満足し...

視力回復手術後の生活で注意すること

レーシックが痛みもほとんどなく短時間で終わる手術なので、視力回復手術後も手術を受...