トップ > レーシック手術の後 > 視力回復手術後のリスク

視力回復手術後のリスク

視力回復手術後に起こりうる症状としては、ドライアイやハローグレア現象がよく知られていますが、他にもいくつか起こりうる症状があります。ハローグレア現象は、視力回復後の症状で取り上げました。

 

サンドオブサハラとは、視力回復手術後にフラップと角膜実質床の間に炎症が起こり、白色の湿潤性混濁が生じる症状です。

たいていは点眼治療で完治するようですが、強い炎症の場合は実質層間を洗浄する必要があります。

 

リグレッションとは、手術後などに体が手術前の症状に戻ろうとする力により起こると考えらており、この場合は視力回復手術後に視力が徐々に低下してしまう症状です。

近視が強い人に多くみられますが、視力が完全に安定するとなくなる場合もあるといわれています。

クリニックによっては視力回復の再手術を行うところもあります。

 

角膜上皮迷入とは、レーシックの合併症の一種で、本来角膜の表面を覆っている上皮細胞がフラップの下に入り込んでしまう症状です。

発生した場合は、フラップをはがしてフラップの下を洗浄することが必要になります。

 

角膜拡張症とは、レーシックの手術の際、レーザーで角膜の中心部を削りすぎた結果、眼圧で角膜が前方に飛び出してくる症状です。

最近ではレーシック手術に使われる機器も、コンピューター制御されており、そういった事が起きる可能性はまずないようです。

 

レーシックは比較的安全な手術だと言われていますが、リスクが0といわけではない事を理解しておきましょう。

この記事のカテゴリーは「レーシック手術の後」です。
関連記事

視力回復の再手術補償

レーシックによる視力回復手術を受けた後、1回の治療で思っていた視力にならない人や...

視力回復手術後のリスク

視力回復手術後に起こりうる症状としては、ドライアイやハローグレア現象がよく知られ...

視力回復手術後に守るべき事

レーシックなどの視力回復手術を受けると、すぐに視力が良くなり、日常生活を快適に送...

視力回復手術の体験談

視力回復手術であるレーシックを受けた人に、結果に満足したかどうかを聞くと、満足し...

視力回復手術後の生活で注意すること

レーシックが痛みもほとんどなく短時間で終わる手術なので、視力回復手術後も手術を受...