トップ > 子供の視力 > 子供の生活環境においての視力回復

子供の生活環境においての視力回復

低下した視力を回復させることは、とても大変で困難です。近年は、幼い頃からメガネやコンタクトレンズで矯正したり、視力回復の治療を受けたりしなければならない子供が増加してきました。その中には、生活や環境に気をつけることで、視力低下を避けられるケースが少なくありません。避けられる事柄であれば、原因を取り除いて、子供の眼に良い生活環境を作ってあげるべきでしょう。

 

子供の視力低下の増加の大きな原因として、ポータブルゲーム等のゲーム類が挙げられます。ポータブルゲームで遊んでいる時は、うつぶせや仰向けなど悪い姿勢である、薄暗い場所など明かりが十分にとれない環境である、熱中することでまばたきが少なくなりドライアイになっている、など、眼に負担をかけてしまう状況であることが多いです。

 

そして、その状況が非常に長時間になってしまうというのが、ゲームの特徴です。ポータブルゲームで遊ぶことが、そのまま視力低下につながるというわけではありませんが、眼に負担のかかる姿勢や環境が長く続くということを何度も繰り返していることが問題なのです。また、ゲームをしている時は、限られた範囲内でしか眼球が動かないため、だんだんと眼の運動機能が低下するという説もあります。

 

いずれにしても、長時間にならないようにゲームの時間を制限したり、場所や姿勢が悪いようだったら声をかけたりする等で視力回復を心がけてあげましょう。ゲームを早めに切り上げて、外で遊んだり、自然に触れたり、遠くの景色を見たりといった機会をもっと増やしてあげることも視力回復の為に大切なことだと思います。

 

この記事のカテゴリーは「子供の視力」です。
関連記事

子供の眼の疲労と視力低下の際の視力回復法

視力低下が進んでくると、視力回復のための矯正や治療が必要になってきます。最近では...

子供の生活環境においての視力回復

低下した視力を回復させることは、とても大変で困難です。近年は、幼い頃からメガネや...

子供が眼科医で視力回復の治療を受けずにすむ為の予防

最近、家庭内でお子さんが近すぎる距離でテレビを見たり本を読んだりするということは...

子供の目を守るために視力回復を取り入れる

現在、視力回復の治療を受ける子供は再び増加傾向にあります。子供の視力を守るために...